5月24日(月) | オンラインセミナー(ZOOM)

基本相談スキルアップ研修 全6回 (ぽーと職員・相談支援専門員向け)

対象者: ・地域障害者相談支援センター“ぽーと”職員 ・世田谷区内指定相談支援事業職員 令和2年度の事例検討会の振り返りシートに記載された事項や「基本相談ガイドライン(第1版)」における残された課題から、事例を通じてさらに学びを深めたい内容をテーマとしている。 ※機能強化型サービス利用支援費・機能強化型継続サービス利用 支援費 算定要件研修となります。
お申し込みの受付は終了しました。
基本相談スキルアップ研修 全6回 (ぽーと職員・相談支援専門員向け)

日時・場所

2021年5月24日 9:00 – 2022年3月28日 12:00
オンラインセミナー(ZOOM)

詳細

※詳しくは、下記ファイルをご参照ください。

基本相談スキルアップ研修募集案内

<目 的>

 世田谷区内の相談支援従事者および地域障害者相談支援センター “ぽーと” 職員等、障害者相談支援 に係る職員の基本相談における相談技術の質の向上を図ることを目的し開催する。なお、“ぽーと”職員に ついては次世代を担うセカンドリーダーの養成も目的とする。 

<対 象 者> 

地域障害者相談支援センター“ぽーと”職員(注1)および区内指定相談支援事業職員(注 2)。 区保健福祉センター職員(希望者) 通年(全6回)参加することを原則とし、機能強化型サービス利用支援費・機能強化型継続サービス利用 支援費の算定要件の一つとして位置付ける。

 注 1)ぽーとのセカンドリーダー養成としての対象は、相談援助の経験が概ね3年~5程度の中堅職員を想定してい るが、実際に対象となる職員が不在の場合もあることも鑑み、必ずしも限定せず中長期的にみて、各ぽーとにおいて 適任と思われる職員を選定し、対象とする。 注 2)4/6 以上の参加で修了証の発行を行う。

 <内 容> 

令和 2 年度の事例検討会の振り返りシートに記載された事項や「基本相談ガイドライン(第1版)」にお ける残された課題から、事例を通じてさらに学びを深めたい内容をテーマとしている。事例を基にした講 義で学びを深め、振り返りシートを活用しながら、自ら考え学ぶことで相談支援の知識と技術の向上を図 り、日頃の業務につながるような内容とする。 また、特にぽーと職員においては、下記について学び、力を養うことのできる内容とする。 

(1)相談支援専門員、専門職としての意識を高く持ち、様々な状態像に対して基本相談を適切に行う力 を養う。 

(2)総合支所保健福祉センター、あんすこ、その他の関係機関との適切な役割分担のもとで連携する力 を養う。 

(3)公と民の役割(委託事業者としての業務・責任の限界)を理解し、保健福祉センターに相談し判断、 指示を仰ぐケースを見極める力を養う。(緊急性・重症ケース等) 

※各ぽーと・相談支援事業所の質問や意見を盛り込んだ内容とする為、開催 1 週間前を締め切りとし、質問等リクエ ストを基幹相談支援センターで受け付ける。

<事前課題>

事前に、講義前記入シートをご記入の上、基幹相談支援センターまでご返送ください。

(詳細は、お申込み後に自動送信されるメールをご参照ください)

お申し込みの受付は終了しました。